• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーウォーズ

 

去年見た映画といえば、Michael Jacksonの『This Is It』とこのサマーウォーズ。
丁度、9月のAndy Timmons Bandのツアー時に見たんですがだいぶハマってましたね(笑)

正直、この映画のおかげで去年は心が救われた気さえしました(笑)

映画本編の内容が素晴らしいのはもちろんですが、挿入歌の山下達郎氏の『僕らの夏の夢』の
クオリティの高さも印象に残ってますね。
す~っと、なんの違和感もなく耳に入ってくる楽曲になってます。
去年の夏のリピート率が異常でした(笑)

正直、ATBツアー最後の仙台から帰ってくるときにiPod聴いてたら泣きそうになりました(笑)
えぇ、涙腺が基本的に弱いんです私(笑)


そんなサマーウォーズのDVDが出るのでみんな買いましょうって宣伝でした.....
スポンサーサイト

t.c.electronic RPT-1 NOVA REPEATER

CIMG1163_convert_20100226005757.jpg

正月くらいに購入しました。

tcのコンパクトディレイです。

以前、EventideのTime Factor気に入ってて使ってたんですけど小金が必要になったりで
手放してしまいましたね、あれは本当に良かった。
そんなわけで、半年以上空間系を一切かけずに頑張ってたんですけど、やはりディレイ一台は
欲しくなるってことでコレにしてみました。

ディレイを探すにあたり、いくつか条件を設定しました。

・なにより安価であること
どの価格帯で安いとするかなんとも言えないところですが、まぁ2万切るあたりが良いなと。
そういう意味では見事すぎる価格設定ですね!

・できるだけシンプルな操作性
TIme Factorのような、とにかく弄り込めるものも魅力的なのですが電源入れてちょいちょいと
弄ってエフェクターとして機能するようなものが必要でした。

・コンパクトであること
この点に関しては、正直なところ最善の選択にならなかったような気がします......
大きさでいえば、BOSSやDigiTechのやつも選択肢に入ってくるんですが求める操作性と
微妙に違う気がしたのでパスしました。

・上記の条件をある程度満たしつつ、アンプのセンド&リターンに入れてもOkなもの
アンプ前、後とどちらに入れても問題がなければそれに越したことないですしね。

と言いつつ、けっきょく正月のセールと重なったり展示品ってことで安く買えたのが正直な
ところでもありますけどね(笑)


いろいろ弄ったところ、この価格帯でよくやってると思います。

親機(?)にあたるNova Delayも以前弾いたんですが、それと比べても音質については
さほど違いを感じませんでした。
なので、Novaの機能を極力シンプルにしたものって感じですね。

省かれた機能としては、プリセット機能と液晶がなくなったぐらいしかないんじゃね?と
本当それぐらいしか見当たらないっす(笑)

わざわざプリセット組むようなことは今のところないので、まぁ必要ないですね(笑)
Nova Delayの場合、MIDIで操作できるわけではないので、プリセット作ったところで
パッと呼び出せないのでそれはそれで中途半端な気がするんですよね。
それ考えると、Time Factorはいろいろ詰め込んでますけどスゴいです。

液晶がないのはどうなんでしょう??
使い始めのころは、別にいいやと思ってましたけど、バッキングトラックに合わせたりと
ピタッとかけたいときはテンポ表示がないのは不便かもしれないです。

なので、深いこと気にせず雰囲気的にかけて、なおかつデジタルらしいパリっとした感じが
欲しければいい選択だと思います。
とりあえずディレイかけたいっていう人にはオススメです(笑)


で、一番気にしてたセンド&リターンに挿したときの音質なんですが、LoopをON/OFFを
繰り返して比較したところ、たしかに劣化してる感じはありますけど、許容範囲内です。
そもそも、そこまで気にする人だったら選択肢に入ってないですよね(笑)

まぁ、良いディレイですが値段に拘らない人であればまだまだ上がありますし、アナログの
質感欲しければMXRのヤツが良いですね。

なんか、あんま褒めてないですね(笑)
けっきょく、すごい特徴あるサウンドじゃないので良く言えば無難ってところです。
でも、この無難さのバランスがtcは優れてるんじゃいかと思いますね。

今度はモードごとにちょっと書いてみようと思います。

そういえば、Mesaの紹介してない......

リリース時期。

petrucci-lifestyle.jpg
なんか神々しかったので(笑)
何気にMesaのアンプが対称に置かれてるあたりが好きですね(笑)

なぜか新機材の話とかは某SNSで炸裂してるので、こっちは買ったらアップみたいになってますね。

例のJohn Petrucciモデル『JPX』ですが、市場に出回る時期がぼちぼち決まったようです。
海外では、3月の下旬から4月の上旬にはデリバリー開始とのことです。

おそらく、日本でも同時期に出回るんじゃないかと予想出来ますね。
世界で二番目にMusic Manが売れてる国らしいので、たぶん待遇が良いはず(笑)

jpx_04.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。