FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRG-10 mod......

すいません、けっこうな勢いでペダル買い始めました(笑)

本当素晴らしいペダルばかりです!!
その中でも、絶対手に入れてやると心の底から思ってたペダルが手に入ったので
それはもう格別ですよ。
タイミング的に、卒業祝いになったのでとても満足です(笑)

やっと足元が賑やかになってきたのでボード作れそうですね。


というわけで、今月の初めに韓国に行ってたわけなんですが、向こうの楽器屋でピックアップ
を仕入れることができたので載せ変えてみました。
向こうのハイエンド系のショップにお邪魔したんですが、渋谷界隈のショップとか軽く霞みますね。
機会があれば書こうと思いますが、ただやみくもにずらっと揃えてるわけではなく、わかってる
仕様のギターが多いです。
個人的には、Guthrie Govanについてちょっと話すことが出来たのが嬉しかったですね。
そのあたり話せる楽器屋なんてほとんどないですから(笑)

話がズレました...

CIMG1269_convert_20100328011606.jpg
載せ変えたのは、SheptoneのTribute Setです。
ちなみに、ナインボルトで国内入手可能になるようですね、Sheptone。

とりあえず、ゼブラがカッコいいその一言に尽きますね(笑)

元々、このMRG-10はJohn Petrucci仕様にするべく、DimarzioのD-sonicを付けてたんですが
BFR購入に伴ってわざわざそこを狙う必要もなくなりましたしね。

そんな中、お邪魔した韓国の楽器屋がたまたまSheptoneの代理店だったりということもありまして
奮発して俺土産として買うことにしました。(元々、買う気満々だったんですけどね(笑))

載せ変えるだけにしようと思ってたんですが、ポットの調子が悪かったのと、全体的にサウンドの
グレードを上げたく、配線材、コンデンサの交換等も同時に行ってもらいました。



正直、化け物(笑)
今までのモサッとした感じがなくなり、解像度が高く、立ち上がりの早いギターになりました。
聴覚的には、ブライトなサウンドになったんですが、別にローミッドがスカスカになったという
感じでもないですね。むしろ、ミッドの艶っぽさなんかは増してるという印象です。


そういう音狙ったモディファイじゃなかったんですけどね(笑)
ただ、結果的には大満足です。

ハム的な太さを失わずに、ミッドからハイにかけての食いつき感みたいのがスゴいです。
イメージとしては、GuthrieのStandardにちょっと近いですね。
あの一見スムースでありながら、ジャリッとした感触のあるサウンド。
実際Standardで録ってるかわかりませんが、『Sevens』のときの音です。あの感じ。
まぁ、弾き手があんなレベルじゃないですけど(笑)

結果、応用範囲の広い出音になりました。



さらに、そんな出音をベースにサウンドの調整がかなり効くようになってます。
ツマミに対しての追従性が素晴らしいので、瞬時にニュアンスが変えれるようになりました。
もちろん、ピッキングに対しての反応がかなり良くなってるので、ピッキングの強弱で
ニュアンスを変えてくような弾き方にもぴったりだと言えるでしょう。

で、個人的にこれはキタと思ったのはタップしたときのサウンドですね。
まさか、ここまで使える音になるとは思いませんでした。
正直、モダンなギターにヴィンテージ系のピックアップの組み合わせだったのでそのあたり
グチャギグチャな感じになってしまうのではないかと思ってました。
完全にとは言いませんが、太さを持ったシングル的なニュアンスが出るようになったので
バリエーションの一つとしてかなり使えます。コレ良いです。



このサウンドクオリティに加えて、元々プレイアビリティが高いギターだったこともあって
速攻でBFRをメインの座から引きずり落としましたね(笑)

このクオリティなら、コンポ系のモデルに肉薄出来る......
スポンサーサイト

コメント

うわ~ゼブラのPUといい、このアングルからの写真、メチャかっこいいですね。ヴィンテージっぽいルックスとモダン仕様。応用範囲広い楽器は重宝しますよね。
>>sjaguarさん
超絶的にクランチが美味しいギターになりました(笑)
ハイゲインでも音像が潰れないので、本当使えるギターに。

あとはフレットデカいのに打ち変えたら完璧かな~。
ハイゲインでも音像潰れないのはいいですね。他の楽器に埋もれなさそう。もうリフレットもしてしまって、1本極めてみては?
ハイゲインでもいけますよって感じで、得意ではないんですけどね。。。
もう少し、低域あっても良いかなとは思いますが。


これはこれで立ち上がりの良さとか面白みがあるんで、このスペックを手直し
しながらオーダーへ持ち込みでしょうか(笑)
そうですね~。まず自分の音を確立させておいて、そういう音が出せるギターはどういうスペックか?まで把握しておけると、オーダーする時迷いがないと思います。こういう音が出したい!みたいなことを店員さんに言うと、見た目とか高級材かどうかで選択しなくて済みますし。オーダーはね~先に金払っちゃって、出来たギターが?でも取り返しつかないですから、慎重に。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。