• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コアなSugi

IMG_0193
DS496C KOA/AT/ASH/324/NAT

ちなみに、こっちはコンデジで撮ったやつです。

早く上手くなりたいよ......


あまりにいろいろ持ちすぎてしまったので、機材を整理したところ2本まで絞られたんですが
JPXはとても有機的な音がするお気に入りの一つなんですが、それでもやはりジョンペトモデル
なわけで、幅広くという感じではないんです。

対してのMRG-10はいろいろ載せ変えたりでもはやモルモットw
新しい弦だったり、ピックなんやらを試す時は一度ヤツを通してからということにしてます。
いろいろ弄られて音が定まらない....

というわけで、ドカッと1本欲しくなった次第ですw

いろいろ候補があったんですが、当初挙げていた条件。
1、24fであること。
2、どちらかというと低域寄りの鳴り。

たったの2つです。
24fというのは、ここ最近の所有機がそうだったため統一されていたほうが、持ち替えたときに
違和感がないんじゃないかなということです。

ただ、そこまで拘る必要があるだろうか?
むしろ、フロントピックアップの位置が24fによって下がってしまうとか、そういうこと
考えるべきじゃないの?バカじゃないの?と思いとどまることになったので選択肢を広げました。

もう、『普通』のギター欲しかったですしねw

そんな中勧められたのが、Sugiだったわけです。
正直、好きじゃなかったw
外見だけ言えば......

弾いてみたらどうだい。
スゴい良い音じゃないか。
ギター買うときの目安として、Fenderアンプに直で繋いで好きな音が出るかというのがあるんですが
絶妙なコンプ感とか出音のしっかりした感じとかマジでスゴすぎる。。。。
人生で初めて弾いたSuhrがまさにそんな感じだった覚えがあるんですが、久しぶりでした。

このあたりは、Sugi全体に言える点のようですね。

そして、この個体なんですが。。。
何と言っても、コアトップ!!
もはや、これだけで買う価値があるというものw
コア一枚(値段的に勘弁してほしいですが)だと暑苦しい感じになると思うのですが、これは
バックがアッシュ材なんですね。
なので、アタックの感じとかけっこう軽快なんですが、コアで太く出してるというような印象。
おそらく、Sugiってローゲインのほうが気持ちいいんでしょうけど、芯がしっかりしてるので
けっこう歪ませてもしっかり音が立ってくれるようです。

う~ん、本当最高すぎるな。。。

5wayセレクタのバリエーションも神すぎるし。
今のところ、スタジオ等で持ち出すとしたらコレしかないですね。

この手のメーカーに多いですけど、一本弾き始めると、良すぎて増やしたくなるんですよねw
悪い癖です、気をつけなければ.....



スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。