FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEO G-SPOT Cable

gspo_banner2.jpg
去年からずっとOYAIDEのPA-01を使っていたんですが、今の機材ではローが必要以上に
太く、モコモコした感じが不満となりつつあるのでなにか良いものはないかと探してました。
PA--01自体、そこまでギター向きではなさそうです。
それなら、PA-01Hのほうがおそらく良好な結果が得られるんじゃないかと....

そんなわけで、同じくOYAIDEのG-SPOT CABLEを使ってみることにしました。
基本的に既製品しか買わないのですが、丁度在庫がなかったのとこれからいろいろ試したいと
いうことで、自作してみました。G-SPOTにスイッチクラフト。
今思えば、御茶ノ水のイシバシ楽器にでも行けば製品板が手に入った気が...

ということで、耐久性のチェックも兼ねてずっと使ってます。

そういえば、OYAIDEのPAシリーズの欠点として固すぎて取り回しが最高に悪い(笑)
並行して使い続けていたノイマン社のものは逆に細い、危なっかしいというのもあり
取り回しよく、それでいて頑丈なのものというのも条件考えるとG-SPOTはクリアしてます。
でも、ちょっと臭いが気になるかな(笑)

弾いてみた感じとしては、いわゆるギターの”オイシイ”とこがしっかりと出てくる。
とは言っても、どこか一つが突出して出てくるような感じでなく丁度いいバランス。
あえて言うなら、Midに少しクセがあるかな程度です。

低音過多にならずに程よく削ってくれたので....
低音の出方がドゥン!!からズンッ!!に変わった気がします(笑)
これは良い(笑)
7弦に関して言うと、09~のゲージの少しルーズな感じも相まって、ちょっとダマっぽくなる
傾向にあったのですが、G-SPOTにしてからはコードのキレも良くなりザックザクです(笑)

共にBFRでもなかなかいい結果が得られたんですが、MRG-10だとちょっと味気ないかなと
いう印象も否めないですね。
まぁ、今回は7弦の音抜けの良さを狙って導入してみたのでいいんです。

ただ、今回は7弦の余分に出過ぎて処理しきれてないLowを削ることで効果を得るという
方法だったので、なんか消極的な気がして(笑)
逆にちゃんとそのLowに負けず、しっかりと出力出来るような機材選びをすれば
今のセットもかなり良い方向に化けるんじゃないかと思ってます。


間違いないのは、今のキャビは完全にアンプの良さを殺してるということ(笑)
ここを変えるだけで、そうとう音が変わるんじゃないかと思います。
まぁ、あの価格を考えればよく頑張ってると思いますけど。


そろそろ、アンプですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。